【早めの治療を】育児うつについて徹底解説

サイトメニュー

予防方法をチェック

看護師

育児うつの予防方法

育児うつは、一度なってしまうと再発する人が多いようです。日頃の心がけや思考癖を見直すことで、育児うつの予防は可能です。育児真っ最中のお母さんだけでなく、育児を控えているお母さんも育児うつの予防方法をチェックしておきましょう。育児うつにならないためには不安やストレスを溜め込まないことが大切です。自分の子は発達が遅いんじゃないか、もしも子どもが病気になったらどうしようといった不安は一人で悶々と考え込んでもしょうがありません。少しでも不安があれば旦那さんや家族、他のママ友に相談してみましょう。子どもと一緒に実家に里帰りするのもおすすめです。周りに相談できる人がいない場合は、病院への相談も効果的です。育児をするうえでストレスが溜まってしまうことは仕方のないことです。育児を頑張っているお母さんには、定期的なストレス発散が大切となります。

ストレス発散方法

育児うつの予防には、定期的なストレス発散が効果的です。ストレス発散におすすめの方法を紹介します。まずは、何がストレスなのか具体的に紙に書き出してみましょう。自分の時間がない、夜泣きで眠れないなどのストレスの原因を自由に書いてください。そうすることで、自分の気持ちの整理をしてストレスの原因や対処法に気づくことができます。また、家族や周りに相談して、数時間だけでも育児から離れる時間を確保することもストレス発散にとても効果的です。友達と遊ぶ、映画を観る、趣味に没頭する、など育児から離れて自分の時間が数時間あるだけでも結構なストレス緩和に繋がります。また、少し贅沢な時間を設けてみるのもおすすめです。子どもがお昼寝タイムになったときなどを見計らって優雅なティータイムを過ごしましょう。おしゃれなティーカップに紅茶を注ぎ、少しお高めのお菓子やデザートを味わいましょう。溜まっていた録画番組を見るのもとても良い気分転換になります。このように、育児を頑張っている自分へのご褒美タイムを設けてみてはいかがでしょうか。

育児うつになってしまいやすい人

子育てを経験するお母さんやお父さんは、誰だって育児うつになってしまう可能性があります。しかし、育児うつになりやすい人にはある特徴があるようです。その特徴をいくつか確認していきましょう。まず、育児うつになりやすい人の大きな特徴は完璧主義な人です。育児を行ううえで、細かいルールを決めて頑張りすぎていませんか?こういった完璧主義の人はルールが少しでも乱れてしまうとストレスを感じてしまうのです。また、他人と比べてしまいがちな人も要注意です。育児をしていると、自分の子は成長が遅いんじゃないか?と不安に感じる人が多いようです。多少の成長の差は、心配する必要はありません。また、子どもの将来の心配からストレスを感じてしまう人も多くいます。ちゃんと読み書きできるようになるか、非行に走らないかなど、生まれたばかりの赤ちゃんの心配をしていても仕方がありません。そして一番多い特徴は、周りに相談できる人がおらずほぼ一人で育児を頑張っている人です。シングルマザーなど、様々な事情で育児を一人で行っているという人も少なくはありません。母親だから一人でも問題ない、と考えていても心身は想像以上に疲れていることが多いようです。周りの人のサポートはもちろん、育児の大変さを共有できるママ友を持つこともとてもいいことです。近くにママ友がいない、という人はスマホアプリやインターネットの交流サイトを利用してみるといいかもしれません。手元のインターネットで手軽に行えますし、育児の合間の息抜きにもなるのでぜひおすすめです。依存しすぎない程度に交流サイトを利用してみてはいかがでしょうか。