【早めの治療を】育児うつについて徹底解説

サイトメニュー

診察の流れと持ちもの

ハートと聴診器

診療の流れ

はじめての精神科や心療内科は、なかなか行きづらいですよね。しかし、育児うつは早めの対応が大切なので、勇気を出してまずは相談しましょう。初診の一般的な流れを紹介します。まずは、診察を行ってもらいたい病院に連絡しましょう。公式ホームページなどから連絡先を調べ、電話やメールで初診日時を予約します。予約はできるだけ余裕を持って行いましょう。その後、予約した日時に病院へ行きます。予診票の記入などが必要なので、予約した時間の10~15分前に到着できるようにしましょう。初診では、育児うつの症状チェックやお悩みの相談などを行います。医師が心のケアを行ってくれるので、あまり緊張せずにリラックスして対話しましょう。育児うつの初診の場合は、大体30分程度の診察となるようです。診察終了後、次回の診察も考えているのであれば、次の予約も行いましょう。薬の処方があれば、この時に処方箋も発行されます。その後、診療費の支払いします。

初診に必要な持ちもの

育児うつの初診には、いくつか必要な持ちものがあります。まず忘れないでおいてほしいのが保険証と診察費用です。診察費用は、初診だと大体3000~7000円程度必要となります。また、薬が処方される場合は別途薬代も必要となるのでお金は余裕を持って持参しましょう。また、他の医療機関で治療を受けている場合は紹介状や服用している薬も持参すると良いでしょう。薬剤情報提供書もある場合は、初診の際に持っていくことをおすすめします。