【早めの治療を】育児うつについて徹底解説

サイトメニュー

ハートと聴診器

治療方法について確認

育児うつの有名な治療方法を紹介します。カウンセリングや薬物療法について紹介するので、ぜひ確認してください。育児うつについて知っておきたい情報をまとめたので参考にしてください。

詳しく見る

ハートと聴診器

診察の流れと持ちもの

育児うつは、早めの治療が大切です。治療を受けたい、と思っている人のために診察までの一般的な流れをまとめました。診療の流れを把握し、スムーズに診療を受けましょう。

詳しく見る

看護師

予防方法をチェック

育児うつの予防方法をわかりやすくまとめました。育児をするうえでできるだけ心がけていきたいことをまとめたので、ぜひ確認してください。心身共に安定した育児ができるように頑張りましょう。

詳しく見る

カウンセリングを受ける老人男性

入院について

育児うつになり、入院した場合の費用や期間について紹介します。うつ病は長期化しやすいものです。もし入院となった場合に知っておきたい情報をわかりやすくまとめました。

詳しく見る

育児うつの症状について

看護師

育児うつとは

最近、よく耳にするようになった育児うつ。育児ノイローゼや産後うつとも呼ばれています。育児を経験した人の実に10人に1人がかかるとされています。育児うつは、何もわからない状態から初めての出産・育児を迎え、大きな不安やストレスを抱えてうつ状態になってしまうこと。しかし、それは初産に限らず二人目、三人目の出産で育児うつになってしまう人も少なくはないようです。育児うつは、産後の不安定なホルモンバランスも影響しているとされています。周りに相談できる相手がいない場合や、夫の仕事が忙しく育児がワンオペの場合、義父母と同居している場合などは特にストレスを溜め込みやすくなり育児うつになってしまう可能性が高くなります。育児うつは、自分ではなかなか気づかないことが多いのも大きな注意点。これくらい他のお母さんは当たり前、少し体調が悪いだけと思っているとどんどんうつ症状が悪化してしまいます。育児うつのストレスが原因となり、虐待に発展するケースも少なくはありません。早期治療が鍵となるので、少しでも心身の不安定を感じたら病院へ行きましょう。可愛い赤ちゃんのためにも、お母さんの健康維持はとても大切です。はじめての育児は、分からないことや失敗が当たり前。自分一人で抱え込まず、周りに相談し助けをもらうことで頑張っていきましょう。

育児うつの症状

育児うつになりやすい時期は、個人差がありますが大体産後2週間が最も多いとされています。2週間目を過ぎて、心身に何か違和感や不安定さを感じたらすぐに周りに相談してみましょう。育児うつには、色々な症状があります。不眠や疲労感、自己嫌悪や物事への意欲低下などです。また、激しい運動をしていないのに動悸が激しくなることもあるようです。精神的な症状として、急に頭がパニック状態になったり、理由も分からないのに涙があふれて止まらなくなったりすることもあります。また、食欲低下や過度な食欲増進も育児うつの症状とされています。育児に慣れれば症状も治まると考えている人も多いかと思いますが、どんどん悪化していくケースも多いので早めの対応が必要です。育児うつは、通常のうつと症状が似ているため治療方法も同一となります。早めに、医師に相談して心の健康を取り戻しましょう。

人気記事

ハートと聴診器

治療方法について確認

育児うつの有名な治療方法を紹介します。カウンセリングや薬物療法について紹介するので、ぜひ確認してください。育児うつについて知っておきたい情報をまとめたので参考にしてください。

詳しく見る

ハートと聴診器

診察の流れと持ちもの

育児うつは、早めの治療が大切です。治療を受けたい、と思っている人のために診察までの一般的な流れをまとめました。診療の流れを把握し、スムーズに診療を受けましょう。

詳しく見る

看護師

予防方法をチェック

育児うつの予防方法をわかりやすくまとめました。育児をするうえでできるだけ心がけていきたいことをまとめたので、ぜひ確認してください。心身共に安定した育児ができるように頑張りましょう。

詳しく見る